勝山剣光堂ニュース


1年生福井市議の「疑惑の交遊録」

北陸政界 2017年01月05日


 県内外に80人の被害者がいて集団訴訟の動きさえ出ている「勝山剣光堂」の刀剣横領事件。
 次から次へと被害者が現れ、もはや社会問題の様相さえ呈しているが、この件に現職の福井市議が関与している可能性がある。
 ****市議(48)である。
 建築業ということになってはいるが、PTA活動やポランティア関連の知名度を活かして去年の選挙で初当選してきた新人だが、そのお得意のNPO絡みで、この事件の主役・勝山智充容疑者(48)と繫がっている。
 勝山容疑者は2003年に「特定非営利活動法人EPO」というNPOを設立し認証されているのだが、その立ち上げの時から副理事長を務めているのが**市議。
 明道中の同級生とかのよしみらしいが、このNPO、お題目こそ「地球温暖化を阻止して全人類に寄与することを目的に・・・」とかのご大層な文言を並ベているが、勝山容疑者はここを隠れ蓑に刀剣をネット販売していた可能性がある。
 ヤフーオークションに出品する際の主宰者に「EPO」の名前を使って信用を高めていたフシがある。
 実際、今回の事件での県外被害者のほとんどはネット取引であり、この団体が犯罪に無関係だとは言い難い。
 **市議は、
「10年前に辞めていて、その後は選挙の時に一度会っただけ」と言うが、事務局長として募金活動を積極的に仕切っていた時期もあり「全く無関係」は通らない。
 たとえこのNPOが事件に直接関与はしていなくても、5度も逮捕されるような人間と長年懇意にし、一緒にNPOを設立するような関係にあったこと自体、議員としては不適格である。


出典

「県内『黒議員』の事件ファイル」『北陸政界』平成29年新春号(2017年01月05日発行)57ページ

8文字を伏せ字とした。

関連情報(NPO法人関係)

特定非営利活動法人 EPO

特定非営利活動法人 EPO < Facebook(2012年09月12日〜11月03日)

地球に恩返し! < Ameba(EPO、2005年01月03日〜2011年11月26日)

地球に恩返し! EPO アースデイふくい2005 < YouTube(MikeYokohama、2008年06月04日)

特定非営利活動法人EPO < NPO法人ポータルサイト < 内閣府NPOホームページ

関連情報(インターネットオークション関係)

fullset18オークションNPOのブログ < Yahoo! ブログ(EPO/勝山剣光堂、2011年03月27日 ~)

このような落札者には要注意です < Yahoo! ジオシティーズ(EPO/勝山剣光堂、2011年)

悪質落札者 Yahoo! ID < Yahoo! ジオシティーズ(EPO/勝山剣光堂、2014年)

fullset18 < ヤフオク!(EPO/勝山剣光堂、2010年~2016年)

kenkodo8 < ヤフオク!(勝山剣光堂、2009年)

katsuyama18 < ヤフオク!(勝山剣光堂、2003年~2009年)

関連情報(そのほか)

詐欺師たちが隠れ蓑にする「NPO」と「肩書」< 「隣は詐欺師」――ついに来た「すぐそばに詐欺師」の時代 < 日経BPネット(夏原武、2014年08月07日)→ Wayback Machine

備考

勝山智充被告によれば、NPO法人EPOはオーストラリアで植樹活動を行ったことにより「証明書」を取得したことになっている。それは「全国的にも初」「民間レベルでは初のこと」だと勝山被告は強調しているのだが、その「証明書」は写真で見るかぎり装飾が多く公文書の体裁をなすものではない。その上、少なくとも2種類のバリエーションが存在するようである。

【画像1】勝山智充被告NHK出演時の写真。アナウンサーが「証明書」を手にしている(2005年3月ごろ)

【画像2】舞台の上から「証明書」を見せる勝山被告(2005年6月17日、アースデイふくい2005において)

【画像3】同上。NHK出演時の「証明書」とは、貼り付けられている写真が異なっている。

【画像4】 比較しやすいよう両方の「証明書」を並べた画像。いろいろ違いが見られるが、赤地に白抜きで「2004」と記されている点が共通する。いずれも2004年6月に行った植林活動に関する「証明書」のつもりであろう。

【画像5】 NHK出演時の「証明書」に貼り付けらているものと、まったく同じではないが、極めてよく似た写真。相前後して、ほぼ同時に撮影されたものと考えられる。これを見ると、勝山智充被告の個人的な記念写真であることがわかる。

【画像6】 アースデイふくい出演時の「証明書」に貼り付けらているものと同じではないが、よく似た写真。こちらは、もっとあからさまな勝山被告の個人的な記念写真である。これがいったい何を証明すると言いたいのだろう?

なお、2016年5月に警察が勝山剣光堂から押収した刀剣の中には、偽造された登録証がついているものもあった。2018年2月1日に福井地裁で開かれた公判において、検察官は勝山被告に対し、自分で登録証を偽造したのではないかと質問したが、勝山被告はその質問への回答を避けている。