勝山剣光堂ニュース


刀を偽装工作し返却、方法は稚拙
横領容疑で3度逮捕の男

福井新聞 ONLINE 2016年07月28日 17時00分

 日本刀などの横領容疑で福井市の男が3度、逮捕された事件で、このうちの一つの事件で横領したとされる刀について、男が裁判所の命令で被害者に返却する際、模造刀を用意した上、刀工が刻む「銘文」を偽造していたとみられることが27日、関係者への取材で分かった。偽造する際、刀にペンキを塗って厚みを出し、銘文を刻むという稚拙な方法で行っていたらしい。

 男は刀剣類販売・修理会社「勝山剣光堂」代表取締役、勝山智充容疑者(47)。

 関係者によると、模造刀を偽造したとみられるのは今年5月、業務上横領の疑いで逮捕された事件。被害者の福岡県久留米市の男性(65)が2013年5月ごろ、修理のために日本刀1本とさやなど数点(時価約25万円相当)を同容疑者に預けたが、返却されなかったため同10月に提訴。昨年7月、福岡地裁が返却を命じる判決を下した。

 同容疑者は判決を受けた裁判所の差し押さえに、ステンレス製の模造刀を提出。刀の銘文は、黒いペンキのようなものを塗った上で、本物のものを刻む偽装工作が施されていた。しかも銘文の文字の一部は誤っていたという。刀身を柄(つか)に固定する目くぎを通す穴はなかった。

20160728.jpg

偽装工作したとみられる模造刀。
本物の銘文と異なり字体が雑な上、「長運斉」が「長運矢」と誤っている



http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/accidentandincident/100976.html → archive.is

http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/60885 → archive.is

http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/gallery/60885?ph=1 → archive.is

http://sokuhou.fukuishimbun.co.jp/news/20160728p1.html

「福井・日本刀横領容疑の男 刀偽造し被害者に返却 ペンキ塗り銘文刻む」『福井新聞』2016年07月28日、31面




長運斎綱俊 < ウィキペディア

「真剣と偽り模造刀『強制執行は失敗』福井地裁公判で横領被告」『福井新聞』2017年09月28日、27面 → 勝山剣光堂ニュース

公判で執行官が大失態! < 鬼手仏心 < FC2ブログ(社会問題被害者救済センター、2017年10月14日)